セミナーで言語聴覚士のことを知ろう

  • セミナーで言語聴覚士のことを知ろう

    • 言語聴覚士は国家資格です。



      言語障害や聴覚障害を持つ人々に対してカウンセリングを行い、医師と相談してリハビリプログラムやトレーニング方法を作成します。
      リハビリやトレーニングを通じてその人のコミュニケーション能力を高めることを仕事としています。


      肉体的な障害だけでなく精神的な障害の患者も受け持つため、医療だけでなく福祉や教育といった分野にも精通していなければいけません。
      言語聴覚士は作られてまだ歴史が浅い職業です。


      多くの人に知ってもらうために各地でセミナーが開かれています。

      セミナーでは言語聴覚士がどのような資格なのか、どのような仕事をしているのかといった話を聞くことができます。

      一つ注意しなければならないのは言語聴覚士は国家資格で、国家試験を突破しなければなりません。

      そして国家試験を受けるためには大学や専門学校で定められた単位を取得するか特定の条件を満たして厚生労働大臣の認可を受ける必要があります。


      セミナーを受講しただけでは受験資格を得ることはできません。
      そうしたセミナーで紹介される専門校に通うことが一番の近道です。


      試験の難易度はしっかり勉強していれば合格できる内容になっています。言語聴覚士はコミュニケーション能力のリハビリやトレーニング以外にも食べ物が呑み込みにくいなどの症状の患者も担当することがあります。



      のどに異常があり、それがリハビリなどで改善できる場合はリハビリプログラムを作成するのも仕事となります。



  • 言語聴覚士が気になる方

    • これまであまり注目されてこなかった資格ですが、近年になって、言葉の大切さ、聞くときの聞きやすさなど、日常の会話においてもキッチリとスムーズに行えるようになるためのスキルや技術を習得した人が必要とされてきました。理由のひとつに、若者たちのスマートフォンの使用状況にあり、常に使い続ける若者が増えてきたことから、聴覚に対して負担大きくなり、難聴の原因や、鼓膜の傷などが増えるようになってきました。...

  • 言語聴覚士の納得の真実

    • 勉強も兼ねて、理学療法士の講習会に参加したいと考えている方も多くいるかもしれません。ですが参加したからといって、必ずしも勉強になるとは限りません。...

  • 言語聴覚士の納得の事実

    • 理学療法士を目指している方も居るでしょう。そう言う方にとっては言うまでも有りませんが仕事の内容はリハビリです。...

  • 言語聴覚士の常識

    • 理学療法士は、PhysicalTherapistと呼ばれ略してPTと記されることもあります。ケガや病気などが原因で身体に障害を持つ人や障害が発生しうる人に対し、座る・立つ・歩くなどの基本的動作能力の回復や維持をはじめ、障害に悪化の予防などの専門家のことを言います。...

top