セミナーで言語聴覚士のことを知ろう

  • 理学療法士の資質のアップのためには講習会も大切

    • 理学療法士は、PhysicalTherapistと呼ばれ略してPTと記されることもあります。
      ケガや病気などが原因で身体に障害を持つ人や障害が発生しうる人に対し、座る・立つ・歩くなどの基本的動作能力の回復や維持をはじめ、障害に悪化の予防などの専門家のことを言います。

      運動療法のほかにも、治療目的に利用する温熱や電気などを用いた物理療法などにより、日常生活を自立して行なえるようサポートする医学的リハビリテーションを提供するのがメインの仕事です。理学療法士として活躍するには、国家資格が必要となり資格保持者でなければ名乗ることができません。



      活躍の場としては、病院やクリニックのほかに、介護保険関連施設などが多く、専門性を活かし、プロのスポーツ選手やスポーツチームで活躍している人もいます。理学療法士の国家試験を受験するには、4年制の大学や3年制の短期大学、専門学校などで学ぶことが重要です。

      よりさまざまな知識の習得には、日本理学療法士協会主催や都道府県理学療法士会主催の講習会に参加することも必要です。



      これらの講習会は、協会のホームページ上で開催に関する情報が公開されています。

      数年前までは協会主催の講習会がメインとなっていましたが、協会以外にも個人事業で行なっている講習会も数多く開催されており、それらも協会のホームページで確認することができます。


      講習会には、かなり高額の受講料がかかるものもあるので、自分に合ったものを見つけて受講することが望ましいでしょう。



top